2019年11月08日

大規模森林火災への緊急支援についての報告

2019年10月中旬に本州に上陸した台風19号により被災された皆さま、
現地にご家族やご親類がいらっしゃる皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。


Image

(c)Michael Dantas_WWF-Brasil

世界的な問題としてニュースになり、警鐘が鳴らされている、南米・アマゾンの森林火災、インドネシアの泥炭火災。

この問題について、2019年8月27日~9月30日にWWFジャパンが実施した、大規模森林火災への緊急支援キャンペーンに、1,491件、9,952,144円のご寄付を賜りました。

お預かりしたご寄付は、三か国のWWFオフィスに緊急に送金し、現地ですでに実施・または今後計画している活動に充てさせていただきます。
送金先と、使用用途の詳細につきましては、下記の報告記事をご覧ください。

皆さまの温かいご支援、誠にありがとうございました。

異常気象と地球温暖化

今年の夏に襲ってきた猛暑や、強大化する台風。
気候が変化しているのでは、と感じることも多々あったのではないでしょうか。

地球温暖化による影響は、世界中で見られています。
自然環境と社会にもたらす影響にはどのようなものがあるでしょうか。

WWFは、温暖化の現状を目の当たりにし、その被害に苦しむ人たちの声を、さまざまな国や地域の現場からあつめ、世界に向けて発信するプロジェクト「地球温暖化の目撃者」を2004年から2012年にかけて展開しました。

目撃者たちのことばに、耳を傾けてみませんか。

WWFジャパンは、地球温暖化を防ぐための活動をしています。

Image

posted by Mark at 00:45| Comment(0) | おすすめ情報 | 更新情報をチェックする

大規模森林火災への緊急支援のお願い

アマゾンの森林火災のニュースを知ってショックを受けたのではないでしょうか?

アマゾンだけではありません。
インドネシアのスマトラやカリマンタンでも大規模な森林火災が起きています。

世界で頻発している森林火災の危機に際して、我々が出来ること、それは火災や森林損失の脅威に対処する最前線にいる人々を支援すること、そして森林を守るための新たな枠組みを作ることです。

【重要】寄付お申込みページの《その他》の《通信欄》に、「大規模森林火災の緊急支援」とご記入ください。ご記入が無い場合には、一般寄付としての受け付けとなります。

今回の支援により集まった寄付金は、緊急支援としてアマゾンやインドネシアなど現在起きている森林への脅威に直面する現地に届け、最も必要な用途に割り当てて使用します。
各地域での活動に進展があり次第報告をさせていただきます。

アマゾン森林火災の影響

Image

アマゾンの森林火災では、ジャガーのような生態学的に重要な象徴種を含む、アマゾンの森林に生息する多くの動植物に死をもたらし、さらには、その生息環境の消失を引き起こします。

地域の生物多様性に深刻な影響を与えるだけでなく、有機物質の燃焼による炭素放出により、気候変動へも悪影響を及ぼします。
そして、植物の減少により、被災した地域は、干ばつや洪水など、気候変動のその他の影響も受けやすくなります。

Image
(c)WWF-US Ricardo Lisboa
Image
(c)Richard Barrett WWF-UK
Image
(c)Michael Dantas_WWF_Brasil

大規模森林火災への緊急支援へのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

【重要】寄付お申込みページの《その他》の《通信欄》に、「大規模森林火災の緊急支援」とご記入ください。ご記入が無い場合には、一般寄付としての受け付けとなります。

このメールは自由に転送していただけます。
また、WWFジャパンは各種SNSでも大規模森林火災について情報を発信しています。

一人でも多くの人にお伝えいただければ幸いです。

posted by Mark at 00:39| Comment(0) | おすすめ情報 | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

桐生市の中心市街地における民間主体のリノベ−ションまちづくり事業を  支援します!  〜群馬県初!「桐生まちづくりファンド」を設立〜

桐生市の中心市街地における民間主体のリノベ−ションまちづくり事業を
 支援します!
 〜群馬県初!「桐生まちづくりファンド」を設立〜
  http://www.mlit.go.jp/report/press/toshi05_hh_000246.html
posted by Mark at 11:39| Comment(0) | おすすめ情報 | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

がんばるばい益城  【内 容】 くまもんネットアート制作募金のお願い  【問合先】 NPO ひまわりの夢企画

がんばるばい益城
 【内 容】 くまもんネットアート制作募金のお願い
 【問合先】 NPO ひまわりの夢企画
       TEL:078-787-7387
https://www.hyogo-vplaza.jp/c2/givinginfomation/information/posted_ev_info/entry-124592.html

posted by Mark at 15:04| Comment(0) | おすすめ情報 | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

アクセスランキング(2017-11)

合計 164 39
1./index.rdf 33.5% 55 13
2.トップページ 17.7% 29 18
3.検証のしくみ 8.5% 14 13
4.運営コスト 7.9% 13 13
5.このサイトについて 6.7% 11 11
6.フィリピンの路上の子どもたちを応援する… 6.7% 11 11
7.共感寄付とは 6.7% 11 11
8.寄付者のメリット 5.5% 9 9
9./index20.rdf 1.2% 2 2
10.カテゴリ:研究者に資金を提供する寄付 0.6% 1 1
11.カテゴリ:おすすめサイト 0.6% 1 1
12.カテゴリ:うんちく 0.6% 1 1
13.カテゴリ:寄付のやり方 0.6% 1 1
14.カテゴリ:共感寄付とは 0.6% 1 1
15.カテゴリ:おすすめ情報 0.6% 1 1
16.カテゴリ:検証のしくみ 0.6% 1 1
17.カテゴリ:起業者に資金を貸付ける寄付 0.6% 1 1
18.カテゴリ:寄付者のメリット 0.6% 1 1
合計 164 39
posted by Mark at 09:29| Comment(0) | このサイトについて | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

共感寄付とは

【共感寄付とは】
寄付する側の立場になって、どのようなことに対して、寄付をするのかを明確にし、
又は寄付者に希望する名目を作ってもらい、その目的にあった寄付活動を行い、
それを寄付した方にその結果をご報告する仕組みです。

寄付される方は、自分が社会のある活動に関して貢献してもらいたいという
ご希望をお持ちですが、現在ある巷の寄付活動はそれを必ずしも満たしてはおりません。

そんな中で、 NPO 法人セカンドライフ .JP は、寄付される方の立場になって
間違いなく寄付者の意図に従って、寄付していただいたお金をその目的に使い、
その希望される活動に貢献し、事後のご報告を寄付して頂いた方にご報告いたします。

資金使途は、 NPO 法人セカンドライフ .JP がその目的に従って独自で行う場合と、
実際にその目的に沿った活動をされている法人に委託する場合の2つの場合があります。
posted by Mark at 11:37| Comment(0) | 共感寄付とは | 更新情報をチェックする

寄付者のメリット

【寄付者のメリット】

自分の希望する活動にお金を使ってもらうことができます。

将来的に NPO 法人セカンドライフ .JP が認定法人の許可を
得られれば、寄付に対して税額控除又は所得控除の特典があります。
(現時点ではまだ税額控除特典は得られません。)

自分の希望する活動に自分の名前を付けることができます。

   例 ホームレスへの寄付については、その起案者に
     因んでリンファンドという名称を付けています。

 その成果について、きちっと報告を受けることができます。
posted by Mark at 11:35| Comment(0) | 寄付者のメリット | 更新情報をチェックする

運営コスト

【運営コスト】

 寄付していただいた金額は、 NPO 法人セカンドライフ .JP の地域通貨に 換金されます。

 具体的な活動に関する支払はすべて 地域通貨であるAIM で行います。(1AIM=100円)

 その地域通貨が現金化して支払われた段階で、10%の手数料が運営費として
  NPO 法人セカンドライフ .JP に支払らわれます。

 不動産等の寄付に関しては、現金評価が難しい場合があり、その場合は 取得価格から
 減価償却を差し引いた金額又は、 NPO 法人セカンドライフ .JP が 試算した評価額での
 AIM 価格とします。
posted by Mark at 11:33| Comment(0) | 運営方針 | 更新情報をチェックする

検証のしくみ

【管理】

NPO 法人では、資金使途別に銀行に別々の銀行口座を開設し、出金と入金を 明確にし、
期末ごとに迅速に会計報告を行います。

また、 NPO 法人の中に専門チームを作って運営管理を行います。
posted by Mark at 11:31| Comment(0) | 検証のしくみ | 更新情報をチェックする

このサイトについて

NPO法人セカンドライフ.JPが運営しています。

リンクリストは常時チェックしていますが、移動や
廃止のものもあるかもしれません。

ニュース等では元リンクが削除となっているものに
ついてはご了承をお願い致します。

このサイトは万全ではありません。間違いなどお気付
きの点がありましたら、ぜひお知らせください。


【CONTACT US】

このサイトに関するご意見・ご感想・ご質問・掲載希望・

修正依頼は、件名にサイト名を記載の上、下記まで
お送り下さい。
 info@secondlife.jp

【相互リンク】

このサイトと相互リンクして頂けるサイト様については、
このサイトに記載している以上の情報を追加することが
できます。

相互リンクを希望されるサイトは、上記のアドレスまで
ご連絡頂きサイト名、追加記載して欲しい内容とリンク先も
あわせてご連絡下さい。

相互リンクが確認でき次第、追加情報を記載致します。


【注意事項】
・本サイトにおける画像、写真、文章等につき、私的
利用目的以外での無断複製・改変・公衆送信等、その他
著作権を侵害する一切の行為を禁じます。

・本サイトのサイト構成、URLデータの構成、配置等に
ついて発生している編集著作権を侵害する一切の行為を
禁じます。

・本サイトからのハイパーリンクにつきましては道義上、
リンク先サイトの許可を得るように努めて参りますが、
リンク張り行為につきましては「公開することが前提の
WEBの世界においてはリンク先の許可は原則的に不要で
あり、同一フレーム内表示をしない限り著作権を侵害する
ことはない」との通説的考えに基づきサイト運営をしている
ことをご理解下さい。

また、原則としてリンクはトップページに指定しており
ますが、便宜上、いわゆる深層リンキングを行っている場合
もございます。深層リンキングにつきましても原則として
著作権を侵害する恐れはない、と考えますが、不都合な場合
にはご連絡頂きますようお願い申し上げます。

・リンク先サイトの閲覧、または情報により生じた物的、
精神的その他の損害に関して当方では一切責任を負いません
のでご了承ください。

・本サイト内の情報に関しては正確を期するように努めて参り
ますが、万が一、不正確な情報などにより皆様に損害、損失等が
生じましても当方では一切責任を負いかねますのでご了承ください。

また、本サイトへのアクセスにより生じた損害、損失、ならびに
コンピュータのウィルス感染、機器の破損等につきましても一切
責任を負いかねますのでご了承ください。

・皆様からメールやコメントやトラックバックでお寄せ頂いた
情報、文章はNPO法人セカンドライフ.JPが無償で使用することが
できるものと致します。また、 便宜上、文章の改変、部分的削除を
行うことがございます。

・メール、情報、文章を送られる際には以上の点につき同意を
なされたとみなしますのでご了承ください。

また、特定個人、団体、企業への誹謗中傷その他第三者への
権利侵害の恐れがあると当方が判断した文章、ならびに商品等
に対するクレームは 掲載致しませんのでご注意ください。

・本サイト上で説明されている情報の誤り、一般消費者に
対する誤解等を招く恐れなどがございましたら、お手数
ですがご連絡頂けますようお願い申し上げます。

・その他、個人情報の取扱等はNPO法人セカンドライフ.JPのプライバシ
ーポリシーに準拠することを、ご了承下さい。
posted by Mark at 11:16| Comment(0) | このサイトについて | 更新情報をチェックする