2019年11月08日

大規模森林火災への緊急支援についての報告

2019年10月中旬に本州に上陸した台風19号により被災された皆さま、
現地にご家族やご親類がいらっしゃる皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。


Image

(c)Michael Dantas_WWF-Brasil

世界的な問題としてニュースになり、警鐘が鳴らされている、南米・アマゾンの森林火災、インドネシアの泥炭火災。

この問題について、2019年8月27日~9月30日にWWFジャパンが実施した、大規模森林火災への緊急支援キャンペーンに、1,491件、9,952,144円のご寄付を賜りました。

お預かりしたご寄付は、三か国のWWFオフィスに緊急に送金し、現地ですでに実施・または今後計画している活動に充てさせていただきます。
送金先と、使用用途の詳細につきましては、下記の報告記事をご覧ください。

皆さまの温かいご支援、誠にありがとうございました。

異常気象と地球温暖化

今年の夏に襲ってきた猛暑や、強大化する台風。
気候が変化しているのでは、と感じることも多々あったのではないでしょうか。

地球温暖化による影響は、世界中で見られています。
自然環境と社会にもたらす影響にはどのようなものがあるでしょうか。

WWFは、温暖化の現状を目の当たりにし、その被害に苦しむ人たちの声を、さまざまな国や地域の現場からあつめ、世界に向けて発信するプロジェクト「地球温暖化の目撃者」を2004年から2012年にかけて展開しました。

目撃者たちのことばに、耳を傾けてみませんか。

WWFジャパンは、地球温暖化を防ぐための活動をしています。

Image

posted by Mark at 00:45| Comment(0) | おすすめ情報 | 更新情報をチェックする

大規模森林火災への緊急支援のお願い

アマゾンの森林火災のニュースを知ってショックを受けたのではないでしょうか?

アマゾンだけではありません。
インドネシアのスマトラやカリマンタンでも大規模な森林火災が起きています。

世界で頻発している森林火災の危機に際して、我々が出来ること、それは火災や森林損失の脅威に対処する最前線にいる人々を支援すること、そして森林を守るための新たな枠組みを作ることです。

【重要】寄付お申込みページの《その他》の《通信欄》に、「大規模森林火災の緊急支援」とご記入ください。ご記入が無い場合には、一般寄付としての受け付けとなります。

今回の支援により集まった寄付金は、緊急支援としてアマゾンやインドネシアなど現在起きている森林への脅威に直面する現地に届け、最も必要な用途に割り当てて使用します。
各地域での活動に進展があり次第報告をさせていただきます。

アマゾン森林火災の影響

Image

アマゾンの森林火災では、ジャガーのような生態学的に重要な象徴種を含む、アマゾンの森林に生息する多くの動植物に死をもたらし、さらには、その生息環境の消失を引き起こします。

地域の生物多様性に深刻な影響を与えるだけでなく、有機物質の燃焼による炭素放出により、気候変動へも悪影響を及ぼします。
そして、植物の減少により、被災した地域は、干ばつや洪水など、気候変動のその他の影響も受けやすくなります。

Image
(c)WWF-US Ricardo Lisboa
Image
(c)Richard Barrett WWF-UK
Image
(c)Michael Dantas_WWF_Brasil

大規模森林火災への緊急支援へのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

【重要】寄付お申込みページの《その他》の《通信欄》に、「大規模森林火災の緊急支援」とご記入ください。ご記入が無い場合には、一般寄付としての受け付けとなります。

このメールは自由に転送していただけます。
また、WWFジャパンは各種SNSでも大規模森林火災について情報を発信しています。

一人でも多くの人にお伝えいただければ幸いです。

posted by Mark at 00:39| Comment(0) | おすすめ情報 | 更新情報をチェックする